副鼻腔炎のはなし

最近、風邪が悪化して副鼻腔炎(蓄膿症)を起こしている患者さんが増えてきました。 副鼻腔炎の鼻水が喉にまわって咳をしているお子さんも多く見られます。

副鼻腔炎を治すには、鼻の中の換気を良くすることが大事です。 クリニックでは、鼻の奥に溜まった膿を出しやすくする処置をしたり、 適切な薬を処方して細菌やウイルスを追い出す治療をします。 薬が合わない方には処置だけで症状を緩和させていきます。

樹の里クリニックではこれらに加えて、東洋医学的な視点から、その方の体質に合った改善策や家庭でできる対処法をお伝えして、早く症状が良くなるように、また副鼻腔炎になりにくい身体作りのお手伝いをします。

家庭でできることとしては、よく鼻をかんで通気性を良くすること。 ただ、小さいお子さんは上手に鼻をかむのが難しいかもしれません。 鼻水を吸うだけで来院する方もいますので、遠慮なくご相談下さいね。

耳鼻科で処置をして吸引をすれば、鼻から眉間や頬に広がる空洞に溜まった鼻水も吸い取ることが可能です。処置の後にそのスッキリ感に感動される方もいて、久しぶりに鼻で息ができると喜んで帰っていかれます。 通りのいい鼻は大事です。

樹の里クリニック 軽井沢 耳鼻科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

花粉症? 風邪?

次の記事

小児の中耳炎